創作人形作家 <吉水 たか代 Yoshimizu Takayo>さん

年譜
1996 人形制作を開始
2011 創作人形コンクール「MIDOW展」入選
2014 クラフトアート人形コンクール入賞(’15)
「マックス・オスカーアルノルド芸術賞」展示作品が玩具産業博物館(ドイツ)にて収蔵
2015 雛のまち岩槻創作人形公募展 入賞(’16)
  2020 第3回人形と絵の「春」展(丸善・丸の内)



























  


夢見草(ゆめみぐさ)  48cm
球体関節 ビスク 人毛 グラスアイ 古布

落ち着いた色彩の着物は少女と大人びて見せます。
澄んだ瞳の小さな女の子は淑やかに可憐な花のようにそこに存在しています。




見柚(みゆ)  38cm
球体関節 ビスク 人毛 グラスアイ シルク

華やかな春の花のように明るい子。
あどけない愛らしさに無垢な瞳の輝きをした女の子の瑞々しさに見惚れます。





金平糖(こんぺいとう)  38cm
球体関節 ビスク 人毛 グラスアイ 古布

砂糖菓子のように甘く可愛い小さな子。
溌剌とした瑞々しさとむちむちな柔らかな肌の優しい暖かさに心癒されます。




花乃(はなの)  48cm
球体関節 石粉粘土 人毛 グラスアイ 古布 うさぎのぬいぐるみ付

もちもちした健やかな肌に溌剌とした瞳の輝きが可愛い。
明るい子供の瑞々しい生命力とあどけない無垢な表情に心癒されます。




朱音(あかね)  48cm
球体関節 ビスク 人毛 グラスアイ 古布

幼い少女の柔らかな頬も丸みが可愛らしい。
あどけない子供らしさの中に大人びいた知的な光を帯びた大きな瞳が印象的な子です。