創作人形作家 <戸松 容子 Tomatsu Yoko>さん

年譜
2007 この頃より独学で人形制作を開始
2010 柴倉一二三に師事
2014 パーリーシェルドールコンクールinみえ 朝日新聞社賞受賞
超スローペースで作っています。





天吾少年  52cm  ¥110,000-(税込)
球体関節 3Dプリンター出力 レジン

きちんとした坊ちゃん刈りが良家の子息な雰囲気の少年。
白い肌に上質な洋服を着た姿は品の良さがあり、どこか仄暗い眼差しに惹かれます。



櫻子  78cm  ¥176,000-(税込)
球体関節 石粉粘土 胡粉 人毛

レトロで懐かしい雰囲気の黒髪おかっぱ少女。
柔らかい頬の丸みや切り揃えられた前髪が初々しく、どこか憂いを帯びる表情に郷愁を感じます。






















  
ギャラリーに掲載のお人形もお求めいただくことが可能な場合もございます。
ご希望の人形についてはお問い合わせください。


琳花(りんか)  41cm
球体関節 3Dプリンター出力 レジン 横瀬和江さん作の着物

華やかな着物に大きなリボンが可愛いおかっぱの少女。
気品溢れる艶やかな姿の少女はどこか虚ろな瞳で冷ややかに遠くを見つめています。



クロエ  42cm
球体関節 3Dプリンター出力 レジン サーフェイサー 油彩 ラッカー塗料

仄暗い物語の登場人物のような少女。
時に暗く時に煌めく瞳の彼女は深窓の令嬢のように気品がありつつ子供の愛らしさもあります。



ドロテア  34cm
球体関節 3Dプリンター出力 レジン サーフェイサー 油彩 描き目

魔女のように不気味で小さな少女のように愛らしい子。
暗い森の中の洋館に棲んでいるような情緒ある雰囲気に妄想が止まりません。



こより  53cm
球体関節 石粉粘土 胡粉 着物制作:横瀬和江氏

良家の子女のように育ちの良さそうなお嬢様。
凛とした眼差しは澄んでいて純真に輝き、刈上げた髪はハイカラな可愛らしさがあります。




ルカ  61cm
球体関節 石粉粘土 胡粉 すが糸

聡明そうな良家のお坊ちゃまな感じの少年。
整った髪型にセーラー服がノスタルジックで彼の品の良さをさらに引き立たせています。



初音  57cm
球体関節 石粉粘土

夏服におかっぱの少女はどこかにいそうな近所の女の子のよう。
しかしその身近な感じとは裏腹な非日常の中の妙に艶やかな雰囲気に惹きこまれます。



華子  42cm
球体関節 石粉粘土 付け替え用の足(素足)

赤いセーラー服を着た華子はミッション系の女子校に通っているのかも。
じんわり広がる背徳的な雰囲気は昭和の文豪の作品に出てくる少女のようです。